記事一覧

    趣のある書道のお稽古、この1年を振り返って

    趣のある書道のお稽古

    夕暮れ時の石庭を背に座卓をならべて和尚様を含めた数人の門下が書道のお稽古をしています。
    師匠は長年建長寺様の筆耕をなさっていた風間敞子先生です。

    私どもと常福寺様とのご縁は、亡き父の仏事からはじまりましたが、どういうわけかずっとむかしからのお知り合いのように感じられます。私は書道は初めてではありませんが長年のご無沙汰からの再出発でした。このお教室に入れていただく際にはなにより心配でしたのが、右膝が悪くて正座ができないことでしたが、とても寛容に対応してくださり、お座布団を2枚重ねて座り失礼ながら脚を出させていただいて墨を擦っています。

    教材は「雁塔聖教序」からお手本を先生が」書いてくださったものを練習しています。
    微妙な注意点や筆使いのコツなどをひとりひとり丁寧にご指導いただいております。

    また、静かな環境の中で書に精神を集中したあとのお茶や語らいも楽しく得るものも多いと感じています。
    現代のめまぐるしい世の中でこういう時間を大切に思い、末永く続けていかれますよう願っております。

    プロフィール

    akochan

    Author:akochan
    学生時代を京都で過ごし、
    今も変わらず京都が好きなakochan です。

    日々の生活から旅行やグルメなど好きなこと徒然なるままに書いています。

    最新記事

    カレンダー

    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム